弊社名を無断使用した悪質な詐欺サイトにご注意ください。

S.A.

ウェブマーケティング事業部
2017年中途入社

「なんとなく社会人」を卒業
これからは好きなことでホットラインの一番を目指す!

好きなことを仕事に
未経験でもチャレンジできる環境

−ホットラインに入社したきっかけを教えてください。

前職では営業職として働いていました。当時は新卒で世間体を気にしていたこともあり、やりたいことが決まっていなくても、「まずは正社員として3年働くこと」が大切だと考えていました。人間関係も売上成績もよかったのですが、一度きりの人生、このままなんとなく仕事をするよりも、自分の好きなことを仕事にしたい!と思い、元々興味のあったWeb制作への転職を決めました。

実際に求人をみてみると、「実務経験3年以上」など一定の職務経験を応募条件にしている会社がほとんどでした。そんな中、未経験OKで募集していたホットラインをみつけました。この会社で経験を積んで、自分の好きなことを仕事をできる万能なクリエイターになりたいと思ったのが入社のきっかけです。

入社前は業界的に拘束時間・残業時間が多い印象がありました。ホットラインの求人情報には残業がほとんどないと書いてありましたが、正直、半信半疑でした。しかし、実際に働いてみると本当に残業が少なく、私はほぼ定時で帰っています。有給もとりやすく、プライベートを楽しめる職場環境だからこそ、仕事の時間は集中して効率的に業務に取り組めます。業務以外でも、運動会や映画上映会など社員イベントが豊富で、新しいイベントの提案も通りやすいです。好きなことを仕事にできたこと以外にも、そういった社内風土があるので入社してよかったなと思っています。

提案しやすい雰囲気
意見を伝えることが大切

−入社して気づいたこと、感じたことは?

未経験OKといっても1から10まで教えてもらえるわけではありません。入社前の説明にもあった通り、実際の業務を通して学ぶ時間をくれるので、その流れで業務を覚えていきました。私は画像制作や動画制作をやりたかったのですが、最初に担当した業務はHTMLやCSSを扱うWebデザインの仕事でした。中でもコーディング作業は特に大変で、初めの3ヶ月は正直辛かったのを今でも覚えています。諦めずに続けていく内に4ヶ月目からやっとわかるようになってきて成長を感じました。

初めての業務に苦労することもありましたが、社員同士の距離が近く、困った時はサポートを受けることが出来ます。苦手意識のあったコーディングも、自分のつくったものが評価された時は嬉しかったですね。

ホットラインでの仕事は誰かの指示を待っていても先に進みません。自ら考えることをやめてしまうと変化に取り残されてしまうので、自分の意見を持って発言していくことが大切だと感じます。たとえ小さなことでも周りがちゃんと耳を傾けてくれるので、一方的に意見が否定されることがなく、上司も積極的に意見を取り入れてくれます。そんなホットラインの環境からこそ、もともと意見をいうことが苦手だった私でも、進んで意見を伝えられるようになりました。

0から新しいものをつくる
目指すは万能クリエイター

−次に目指すべき姿・理想とする働き方は?

私は制作を担当しているのでPhotoshopによる画像編集や動画編集、コーディングが主な業務です。実務経験がない状態からのスタートで苦労はありましたが、好きなことを仕事できたことがなにより嬉しいです。初めのうちは慣れない業務に苦手意識があり辛いと感じることもありましたが、あの時に逃げなくて良かったと思っています。苦手なことでもやればできることに気づけました。

また、制作担当ではありますが0から作るというよりも、元々あるものを使って加工や配置作業を行っています。既にあるものしか使えないとイメージ通りに制作することが難しいので、今後はアイディアを自ら形にできるようにイラストも描けるようになりたいですね。変化の早いWebマーケティング業界ではVtuberや漫画LPなど消費者へのアプローチ方法も常に変化し続けています。変化する市場に適応していけるよう、今後も新しいことにチャレンジを続けホットライン一の万能クリエイターを目指します!

Recruitment 募集要項

ホットラインでは、ともに成長できる仲間を
随時募集しています。
詳細は各ページにてご確認ください。