ヤフー株式会社

マーケティングソリューションズ統括本部
エージェンシー営業本部
代理店営業5部 部長
龍 桂悟

代理店営業5部 セールス2
アカウントエグゼブティブ
伊井 泰輔

ベクトルを合わせたチームのパワーで
スピード感のある施策を実現してくれる

圧倒的なパワーとスピード感が魅力!
ダイレクトマーケティングの売上シェアが大きな広告代理店

−ホットラインに対して、どのような印象を持っていますか?

龍さん:売上に貢献してくださる、信頼できるパートナー企業だと思っています。Yahoo! JAPANでは、広告主さんのマーケティング活動を支援した実績のあるパートナー企業に 、「ダイヤモンド」「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」と認定する制度があるんです 。Yahoo! JAPANは、ホットラインに「ゴールド」を認定しました。

伊井さん:その認定を得るには、しっかりと効果を出せる広告運用のノウハウが必要なん です。獲得したのは現在19社のみと、どの会社でも得られるものではありません。 それを実現できたのも、力強いパワーとスピード感をお持ちだからでしょう。たとえば 、Yahoo! JAPANでは運用型広告を運用するとき、「獲得件数を増やすために、パートナ ー企業に推奨している運用方法」があります。 具体的には、広告運用に関する深い知見を持ち、マーケティング活動の目的に沿ったプランニングと最適なアカウント設計、日々の運用やレポーティング・分析を通じて広告効果の最大化を実践することです。 それをホットラインは、2か月という驚くべきスピードで導入されました。それは獲得件数が売上に直結する広告代理店として、効率よく売上を伸ばすために、Yahoo! JAPANの推奨する運用方法を以前から意識されていたからだと思います。

龍さん:また、少数精鋭で、高い生産性を生み出している会社です。「売上を伸ばす仕組み」を社内で確立しており、「このパターンでは、このクリエイティブを使用する」などのナレッジを持っています。広告主さんの広告予算によって、商品の売上が左右されやすい業界ですが、そうではなくホットライン独自のナレッジを活かした広告の効果で、広告主さんの売上を伸ばしているんです。業界のなかでも、ひときわ目立つ存在ですね。

社内一丸となって案件に取り組み、
施策にもすぐに対応してくれる

-ホットラインの存在意義はどこにあると思いますか?

龍さん:ビジネスに直結する、大事な役割を担っているところです。商品を宣伝するとき、テレビや雑誌などでユーザーに商品を認知させるだけではなく、その商品を購入してもらうことがゴールです。そのとき、自社メディア広告からの獲得件数が多い、ホットラインの存在は必要不可欠なんです。実際ホットラインは、「ある金融会社の広告案件で日本一」を獲得していると聞きました。

伊井さん:そのような成果を出せるのも、社内一丸となって案件に取り組まれているからだと思います。たとえば、スマホブラウザーのアンチトラッキング強化が、弊社のお客様の広告にも影響を及ぼしていました。

その影響を最小限に抑えるためには、運用する広告アカウント設定からWEBサイトの改修まで多岐にわたる作業が発生します。

ホットラインにお伺いして、施策のご相談をしたところ、その場で担当者の方が「施策をすぐに導入しよう」と社内に号令をかけてくださり、1週間かからないスピードで対応してくれました。その対応力には驚かされましたね。

龍さん:そういった対応ができるのは、全員が主体性を持って動くベンチャー企業ならではです。また、メンバー全員でひとつのことに注力できるよう、経営者の方たちがしっかりと社内を管理されているからでしょう。その体制がとても心強いです。

健全な勝ちパターンを見つけ、インターネット広告業界を牽引してほしい

−ホットラインに期待することを教えてください。

伊井さん:インターネット広告業界を背負っていく広告代理店になってほしいです。この業界では、事実とは異なる記載をするような、いわゆる「見本にはできない広告代理店が所有・出稿するWEBサイト」が存在しています。日本のインターネット広告市場を引っ張っている弊社では、それに対応しながらユーザーに正しい広告を届けるためにも、厳しい審査基準を設けているんです。

ただ、そのようにして社会的責任を果たそうとすれば、広告主さんの売上が落ちる可能性があります。その状況のなかで、審査基準を守っているホットラインに「獲得件数を最大にする勝ちパターン」を早く見つけてほしいですね。それが実現できれば、正しい広告で広告主さんの予算を最大限に生かす、業界のお手本となるでしょう。

龍さん:また、広告代理店同士で、各社の運用方法を参考にしています。ホットラインが「健全な勝ちパターン」を見つければ、それを他社が参考にして、業界全体によい循環がまわるはずです。

競争の激しいインターネット広告市場でシェアナンバーワンを獲得していただき、広告主さんの事業の発展に貢献していってもらえることを期待しています。